株式会社アジェンダ採用情報サイト

MENU


アジェンダで働く人たち



今、どのような目標、思いをもって仕事をしていますか?

  1. 金澤

    いつもエンドユーザーから「便利になった」とか、「困っている問題が解決できた」と思っていただけるようなシステム作りを意識しています。
    目標は、海外の旅行会社様にも使っていただけるシステム・サービスを開発することです。

  2. 山崎

    お客様が困っていることを的確にとらえ、それを解決する方法を提案・実現できるようになりたいです。

  3. 横石

    とりあえず今年度は部門の利益目標達成です。
    個人の目標としては、知識があって何でもできるSEになりたいですね。

  4. 土廣

    "お客様からの信頼を得ること"、"会社の利益を底上げしてアジェンダ社員全員が豊かになること"、"面白いものを作ること"が出来ればいいという思いで仕事をしています。
    前2つは会社理念の「自他共栄」に通ずるもので、最後の1つはここ最近強く思うことですね。また私はプライベートも大切にしているので、仕事とのバランスを上手く取れるようにしています。

  5. 本間

    今よりもっと1人で任せてもらえる仕事が増えるように、コツコツと頑張っています。将来的には自分で提案した機能やアイディアがお客様に認めてもらえるような仕事ができればと思います。

  6. 土居

    私は、今自分に任されている仕事をしっかりこなす事を目標に日々仕事をしています。当たり前のことかもしれませんが、その当たり前のことができなければ、仕事を任されなくなると思います。


最近、興味をもっていること、勉強していることは?

  1. 金澤

    社内の有志で行っている勉強会(読書会)で学習している内容です。
    今は、「地頭力」について勉強しています。

  2. 山崎

    最近、業務でWebサイトを触れることが多いので、デザインの部分に興味を持っています。小さなプロジェクトの場合、プログラマーが画面の構成を考える場面が多くあります。どうすれば見やすく、使いやすくなるのかという点は最近特に気をつけています。

  3. 横石

    ネットワーク関係の知識が手薄だったので最近勉強しています。
    普段当たり前に使っているインターネットとかLANとかの仕組みがわかると面白いです。

  4. 土廣

    AWS(Amazon Web Services)です。業務で扱う機会が増えまして。EC2を使っていますが、サーバ系は苦手意識があるので苦労しています。

  5. 本間

    技術的な部分で既存の知識では足りないところなどを勉強しています。また、まだ業務に使用していない言語なども興味があるため勉強中です。現在はMacのアプリケーション開発について勉強中です。

  6. 土居

    基本的に自分が興味を持った言語または、業務で使用した言語で知識不足だと感じたものを勉強しています。また、業務で使用しているライブラリで興味を持ったものを独学しています。


職場の雰囲気、人間関係(上司・部下・同僚との関わり)は?

  1. 金澤

    トラベルビジネスソリューション部は、解らない事などがあればプロジェクトに関係なく、有識者を探して相談しやすい環境があります。仕様の相談など、人が話している状態が常にあり、活気に溢れています。
    前職でも同じようにSEをしていましたが、今の職場のようにコミニケーションをとることが少なかった気がします。

  2. 山崎

    新人から会長まで、別け隔てのないアットホームな雰囲気です。
    上司に気軽に相談できる雰囲気で、また突然であっても真剣に相談にのってくれます。

  3. 横石

    個々に作業に集中している時の職場はとても静かです。
    いい意味でも悪い意味でもあまり干渉してこない人が多いです。

  4. 土廣

    仕事中は基本みなさん黙々と仕事をしていますが、気軽に報告や相談もします。活発な討論が行われることも稀にあります。仕事の会話ももちろんですが、合間に世間話をしたりもしますね。
    業務外でも上司や同期とご飯に行ったり、レクリエーションをしたりと、他部署の人とも活発な交流があります。最近は麻雀が熱いです。

  5. 本間

    アプリケーション開発部は、基本的に業務中は静かな部署です。他の部署から驚かれます。
    しかし、業務に関する疑問や相談事などはすぐに上司に確認を取りながらいつもベストな実装方法を模索するなど、活発なやり取りも日々行われています。

  6. 土居

    アプリケーション開発部は基本的に静かな部署です。
    しかし、上司や先輩方に質問する際は気軽に質問でき、優しく回答していただけます。


就職するまでに勉強しておいたほうが良いこと 自分が勉強して役立ったことは?

  1. 金澤

    プログラムに限らず、幅広く学習する必要があると思います。
    プロジェクトマネジメント、UIデザイン、システム設計、クラス設計、テスト、品質、問題解決能力。
    自分が勉強しておいて役立ったのはプログラミングですが、入社するとそれだけでは足りないことが良くわかります。

  2. 山崎

    今、「役立っているな」と思えることは趣味でやっていたプログラミングです。業務ではこれまでに触れたことのない技術や言語がありますが、それまでに学んできた言語や知識がとても役立っています。自分が作りたいものを考え、作るという経験もプログラミングの知識を深めるために重要だと思います。

  3. 横石

    自分は少しだけJavaをやりましたが、やっておくと心に余裕ができるという意味で良いかもしれません。
    実際の業務は必然的に凄い量の勉強になるので、適正さえあればどんどん身についていきます。
    自分が何に向いているかを考えておくのが良いと思います。

  4. 土廣

    少し違うかもしれませんが、自分にとって一番効率のいい勉強法を見つけておくことでしょうか。就職してからも新しく学ぶこと、深く学ぶことは続くので。
    もう1つはいろんな世代・タイプの人と交流しておくといいのではないかと思います。会社で人間関係が円滑であれば大抵の事は何とかなる、というのは言い過ぎかもしれませんが、損はないはずです。

  5. 本間

    もちろんプログラマーとしては、あらかじめプログラミングの知識を多く持っていると業務で役立つことは間違いありません。しかし、仕事では全く未知のものに対して勉強しながら作業を進めることの方が多いので、必要な知識を効率的に習得できるようなロジカルスキルや問題解決力などを勉強しておくと良いかもしれません。

  6. 土居

    JavaやC++などの開発言語の基礎を勉強しておくと良いと思います。どんなことでも、基礎がなければ何もできないので、1言語でもいいので基礎を身に着けておくと、開発を行う際にスムーズに作業を行うことができると思います。
    また、開発言語だけでなく自分が気になったビジネスマナーについてもほんの少しでも良いので調べておくとよいと思います。


就活生の皆さんへのコメント


働く人たちへのインタビュー



loading