NEWS RELEASE
ニュースリリース
2022/07/21 トラベル

旅行会社向けクラウドサービス『マタタビSuite』
『アマデウスNDCテクノロジー』 を介して取得した予約情報の
取込みと自動入力に対応!

株式会社アジェンダ(北海道札幌市、代表取締役社長:伊藤智裕)は、クラウドサービスによる旅行会社向け基幹システム『マタタビ Suite』において7月13日(水)のアップデートにて、『アマデウスNDCテクノロジー』 を介して取得したNDC規格の予約情報から、「PNR情報」および「運賃情報」の取込みと自動入力に対応しましたことをお知らせいたします。

NDC規格の予約情報を自動で入力!新しい規格の導入も安心です

NDC(New Distribution Capability)とは、航空会社の業界団体である国際航空運送協会が策定した、航空券流通データの新しい標準規格です。NDCは、これまでGDS(Global Distribution System)にて航空券やホテルの予約で使われていたEDIFACT規格とは異なり、航空券やホテルの予約だけではなく機内食のメニューや事前座席指定などの付帯サービスも併せて手配することが可能です。顧客へより付加価値の高い旅行を提案することができるため、日本国内の旅行会社でも徐々に普及が進んでいます。

『マタタビ Suite』はこうした旅行業界の動きをふまえて、アマデウスITグループ が提供する大手NDCアグリゲーター『アマデウスNDCテクノロジー』を 介して取得したNDC規格の予約情報の取込みに対応しました。従来のGDSコンテンツと同じ方法で、NDC規格の予約情報から「PNR情報」および「運賃情報」を取込み、「旅行者情報」「エアー情報」「運賃情報」を自動で入力いたします。

これによって『マタタビ Suite』をご利用の旅行会社様が『アマデウスNDCテクノロジー』 を通してNDC規格の予約に対応された際も、従来と同じ操作で効率良く予約情報を入力することができるため安心してご利用いただけます。

旅行会社向けクラウドサービス「マタタビ Suite」について

『マタタビSuite』は、旅行会社様向けの基幹システムとして国内初となる完全クラウドサービスです。サーバーをオンプレミスからクラウドに変えることで、コストダウンと安全で安定した稼働を両立させました。今後も継続的なアップデートによって旅行業界における最先端のビジネスに対応することで、旅行会社の業務効率化や経営に寄与し続けます。

■ 製品情報

・製品名     マタタビ Suite(マタタビ スイート)
・製品内容    旅行会社向けクラウドサービス
・販売開始日   2019年10月23日
・対応ブラウザ  Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge(各種最新版)
・公式サイト   https://www.agenda.co.jp/matatabi/

■会社概要

・会社名    株式会社アジェンダ(AGENDA Co.,Ltd.)
・本社所在地  〒060-0003 札幌市中央区北3条西2丁目2-1 NX札幌ビル7階
・代表     代表取締役社長 伊藤 智裕
・設立     1990年11月2日
・資本金    18,045万円
・代表電話   011-215-0610
・代表FAX   011-215-0611
・URL               https://www.agenda.co.jp/

■ 旅行会社様お問い合わせ先

株式会社アジェンダ マタタビ Suite担当
E-mail: matatabi_sales@agenda.co.jp